へや

アイロンがけをしようと思っている服をドレッサーの横にまとめて置いている。急にあったかくなったから半袖を出した。服って夏物の方が多いよね、でも春物はあんまりないから今度セールの時に買いに行こう。

わたしのうしろで女の子たちが話していた。「なんか、一人暮らしって妥協の連続だわあ」と、その子がダルそうな口調で言う。その子が言う住みたかった部屋の条件を聞いてわたしはこの子にこの部屋ゆずったら良かったかな、と一瞬思うけれど、それほど仲がいい子でもなかったので口を挟むのはやめた。わたしもこの部屋、結構気に入ってるしね。

4時間も空き時間ができて、4時間なんて帰ってごはん食べてまた帰ってこれちゃうじゃないかと思う。新幹線は早い。電車も早い。飛行機も早い。バスも、まあまあ早い。お金があればなんでもできるしどこへでも行けちゃうな。わたしがもんもん考えてるより、ずっと世界は狭い。いや、世界が狭いから考えるのか。しょうがないから帰ってごはん食べてドラマ見て洗い物してアイス食べた。

エテュセのトップケアコートをつめに塗ってひらひらさせる。つめがすーすーしてつめたい。すぐになんともなくなる。

書いてたら眠たくなってきてしまった。行かなくちゃ。